経営規模の小さな企業が多い台東区内では、オフィス移転をする場合に比較的コンパクトな物件を選ぶ傾向が強いです。しかし個人所有の古いビルが多い事情もあり、希望する条件の賃貸オフィスを自力で見つけるのは難しいです。けれども台東区の物件情報を網羅する情報サイトの利用で、中小企業経営者の希望する条件の賃貸オフィスへの入居を実現できます。現在入居しているビルが古いケースが多い事情もあり、オフィス移転では新耐震基準の物件を選びたいと強く希望する経営者が多いです。

また天井が通常よりも高い新築のオフィスビルは、面積がコンパクトでも開放感があるのが魅力です。移転先探しをするときに台東区の不動産会社に希望を詳しく伝えると、入居後にミスマッチを感じて後悔することもなくなります。また築年数の新しさにこだわって移転先を探す関係者も多いですが、オフィス移転をするときにはビルの管理に注目して物件を慎重に選ぶ姿勢も求められます。管理費が多少高くても通路やトイレの清掃が行き届いている物件は、建物全体が非常に快適なので移転にも適しています。

一方で格安な賃貸オフィスへの入居を希望する場合には、大規模改装済みの築40年程度のビルに注目する方法があります。古いビルの初期費用は安いので、移転費用の確保が難しい企業も入居しやすいです。また古いビルは一等地に立地していることも多く、オフィス移転で利便性が高まるメリットも大きいです。