どんな風にスーツを選ぶか

社会人になれば会社に出かけて仕事をします。学生時代であれば制服などもありましたが、大人になればスーツが制服代わりと言ってもいいぐらいです。入社したての頃から張り込んで高いものを着るというのは大変ですが、ある程度のレベルは保っているものを選ぶようにしたいものです。学生時代はたくさんの服を持っていた人も多いですが、スーツの場合はそんなにたくさん持っていなくてもかまいません。

安いものばかりでクローゼットを埋め尽くすより、質の良いものを幾つか選んで持っておきましょう。最初のうちはお店に出かけてみてもどれがいいのかわからずについ値段が安いものの方へ流れていきがちです。まずはきちんと自分のサイズを測りましょう。何となくこれまで来ていた服のサイズからスーツのサイズも同じように考えればいいだろうと思う人もいるのですが、服そのものの作りがやはりちがってきますから、購入前には毎回測り直す方が体にフィットしたものを探せます。

試着はできる限り行いましょう。窮屈に感じるものは自分の体に合っていませんから、不格好な印象を相手に与えてしまいます。柄などもできる限りシンプルなものか無地を選んで、カラーもグレーや紺などをチョイスしてみて下さい。黒の場合はリクルートをイメージさせてしまうこともあります。

一度購入したら長くスーツは着る事になります。動きやすくてそれでいてデザインも気に入るものをしっかりと試着などもしながら選んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です