スーツの日常的なお手入れ

スーツは購入した後はどうしたらいいのでしょうか。クローゼットに入れていればいいという訳でもないのです。適当にハンガーにかけているだけだと、いつの間にか型崩れしていたり、気が付かない部分にしわなどができるなど購入時のシルエットの美しさが保てません。日常的にかけているハンガー自体も見直すことで形をより長持ちさせることができます。

スーツのジャケットに関してはできる限り細いものより厚みがあるものを選びましょう。肩先などに丸みなどもあれば、ジャケットの形を損ないません。よくジャケットの形を見てハンガーもじっくり選んでみて下さい。日常的に着用するものならまだしも、一張羅の高価なものであれば特に大切にしたいですから、ハンガーにもこだわってみましょう。

シャツやスラックスなども形を崩さないようにそれぞれ別の物を使うといいでしょう。保管する前にはブラッシングをしてスーツ自体のほこりなどを取ります。手順としては前身頃からブラシをかけ、その後身頃も同じようにブラッシングをかけていきます。上から下に繊維に沿うようにして丁寧に作業をしていきましょう。

着用すれば腕や足などにしわもできやすくなります。当日にできているものであれば、霧吹きで湿気を与えてから自然乾燥させれば、綺麗に復元されます。けれどもそれでは対処できない時にはアイロンなどでスチームをかけましょう。着用したらその日にきちんと手入れをしてから保管をすることがスーツを綺麗に長持ちさせるポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です