スーツの裏地について

スーツの背の裾にベントという切込みがあるのを見たことがある人も多いでしょう。真中に一本切込みがあるものをセンターベントといいます。右と左に一本ずつ合わせて二本切込みがあるものをサイドベントといいます。さらに切込みがないノーベントがあります。

裏地はサイドベントのスーツで最も目にふれやすくなります。そして上着を脱いだときに覗くこともあります。そうはいっても、裏地はいつも主張しているようなものではありません。普段は見えることがないところを装飾するものです。

裏地のこだわりは、まさに粋なおしゃれです。スーツの裏地は、もともと飾るものではなく汗を吸いやすくしたり袖をすべりやすくしたりするための機能的な部位です。既製品のスーツの裏地はほとんど機能的なポリエステルを採用しています。また裏地には胴の裏側を覆っている胴裏と袖の裏側を覆っている袖裏があります。

裏地といえば普通は胴裏を意味しますが、テーラーによっては袖裏を別に仕立ててくれる場合があります。この裏地で自分好みを追及するとなると、色や柄に加え、生地の素材を選ぶことになります。裏地の素材は汗を吸いやすく皺が付かず型崩れしないポリエステルが代表的です。汗を吸いやすく傷みにくい絹のような触感のキュプラも人気があります。

ポリエステルとキュプラのいいところを活かした混紡素材はクリーニングに出しても縮みません。他に毛玉ができず暖かく柔らかい滑らかな肌触りのアルパカもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です