スーツの色の組み合わせ方

どんな色のスーツがどんな印象を与えるかを、それぞれの色の系統別に紹介します。職場でははつらつとした明るい印象を与える色を選ぶと取引先に良い印象を持ってもらえるようになります。スーツとネクタイに対照的な色を組み合わせると、視覚的な差を産み出し良い印象になります。ネイビー系は仕事の場で一番スタンダードな色です。

ブルー系もそうですが、これらの色がそもそも上品でインテリジェンスな印象を与える色だからです。また、無難であまり印象に残らない場合もありえます。そこでこれらの色を選ぶ場合は無地よりも縞などの柄があるものを選ぶ方がインパクトがあります。また無地を選んでも柄があるシャツやパステルカラーのシャツにすると一段とおしゃれになります。

グレーは落ち着いていますが、シャツやネクタイの色の組み合わせで印象が大きく変わっていきます。シャツやネクタイの色をインパクトのあるものにすれば、はつらつとした明るい印象になります。濃いブラックは堅い印象を与えてしまうため黒に近い濃いグレーや柄のある生地がベターです。シャツを白にしてインパクトのある色のネクタイと組み合わせると、よりスタイリッシュになります。

明るめのベージュにチェック柄のシャツやネイビー系のネクタイを組み合わせると、とてもおしゃれです。しかし堅い職業や深刻な会議の場ではマッチしない色です。特に就職試験の面接などの重要な局面では面接官にやる気のない印象を与えかねないので適していません。落ち着いた大人の印象を与えるブラウンのスーツは上質な素材を選ばないと老けて見える可能性があります。

シャツの色は渋くくすんだサックスブルーでネクタイは同じブラウン系を選ぶとスッキリした印象になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です