スーツ選びのためにサイズを知る

スーツのおしゃれな着こなしに関しては、どれだけ自分の体にフィットしているかという事が大きなポイントになります。とりあえず安くで手に入れなくてはいけない時だったとしても、なるべく自分の体のサイズを測ってから商品の寸法を確認した方が満足度の高いスーツ選びができます。JIS規格の定める基本サイズがありますが、細い方からY体、YA体、A体、AB体、BB体、BE体、E体があります。その中でもYA~BE体までが主に使われます。

その次には4号がS、5号がM、6号がL、7号がLLと規定されていますので、男性はスーツ購入前に大体の目安を自分でも掴んでおくとお店に行った時にも選びやすくなります。パンツの丈に関しても裾が靴の甲に当たるぐらいの太さのワンクッション、今現在主流の細身タイプがハーフクッション、パンツの裾が靴に当たらないスリムなタイプがノークッションと呼ばれています。袖丈に関しては、シャツが1.5cmほど出るようにするのが見た目にも良いとされていますので、手持ちのシャツを見ながらどれぐらいなら良さそうなのか考えてみて下さい。自分で事前に測ってみても、お店で測ってもらうと多少違う場合もあります。

それに、規格で決められたサイズ通りの体格の人もいませんから、あくまでも目安としてお店に出かけたらきちんと試着をしてみて下さい。自分に合うスーツはしっかりと着用することでこれが合うのだなと実感できるでしょう。南森町駅で洋服お直しのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です