初めてのフルオーダースーツに挑戦

オーダースーツにはいくつかの種類があります。型紙作りからおこなう本格的なものがフルオーダー、既製のパターンから選ぶものがイージーオーダー、完成品の一部だけ手直しするのがパターンオーダーです。生地や工数によって値段は数十万円から2~3万円のものまで様々です。スーツ選びで最も重視すべき点はシルエットです。

フルオーダースーツは自分のサイズに合わせて型紙を作るので、見た目が美しいだけでなく着ていて疲れにくく、生地に余計な負担がかからないので型崩れしにくいというメリットがあります。また、作った後のメンテナンスができるので長く使えます。予算が許せば1着は持っておきたいものです。フルオーダースーツを作ってみたいけれども、なんとなく敷居が高くて気がひけるという人は多いのではないでしょうか。

しかし、初めてフルオーダーでスーツを作るということを正直に話せば、テーラーは丁寧に説明してくれます。ネット等で情報を調べてこれはというテーラーを1度訪問してみて、雰囲気を確かめてから注文するのが良いかもしれません。フルオーダーの手順をあらかじめ知っていると、初めてでも戸惑いません。来店後まずは生地を選び採寸します。

採寸はシャツを着た状態でおこないますので、普段着ているシャツを着て来店しましょう。手縫いや機械縫いなど仕立てのグレードがある場合はそれを選びます。次にシングルやダブルなどスタイルを決め、裏地やボタンなどの細かなところを決めます。すべて決定すると料金と納期の見積もりが出ますので、納得できたら正式に注文します。

スーツが完成したら着用してみて、最終的なチェックをして納品になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です