ネキシウムと胃がムカムカする男性

ネキシウムは胃や腸の諸症状を緩和してくれる効果があります。いわゆる胃もたれやムカつき、胸焼けなどの不快感を抑える効果が従来の医薬品より優れていると言われています。

消化器症状への対処薬としてのネキシウムとは

ネキシウムとはエソメプラゾールマグネシウム水和物であり、一般的にカプセルとして流通しています。ヒスタミンH₂受容体拮抗薬ヒスタミンH₂受容体拮抗薬と同じように、主に胃酸の分泌を抑えたり、胃潰瘍や逆流性食道炎などの消化器病変への治療薬として使われることが多いです。上記の他にも胃もたれや吐き気、胃痛、胸焼け、むかつきなどの不快感への対処薬としても使用されることが多いです。
胃酸とはは本来、胃腸に侵入する菌を殺す役目がありますが、胃が弱っていると胃粘膜を傷つけてしまい胃もたれや、胸焼け、それらが進行することで胃潰瘍や逆流性食道炎、十二指腸潰瘍などの様々な症状を引き起こしてしまいます。
ネキシウムは胃酸分泌の段階で細胞壁のなかから水素イオンを放出しカリウムイオンを取り込むプロトポンプと言われる酵素が働きますが、その働きを阻害し胃酸の分泌を抑制するとされています。
胃酸の分泌を強力にブロックして胃酸過多を防ぐため効果があるとされています。即効性に優れており、また、胃酸を少なくすることで胃内での薬剤がより効果的に働くため、ピロリ菌の除菌成功率も高まるとされています。
ネキシウムの副作用は一般的に少ないとされていますが、まれに発疹や皮膚炎、掻痒感、蕁麻疹、下痢、便秘、口内炎、口渇感、悪心などがあります。
肝機能が低下していたり高齢の場合は血中濃度が上昇しやすくなる場合もあり、胃酸が減少することで他の薬剤の作用を減少させたり、上昇させたりすることがあるため、事前に医師に相談することが望ましいです。
また、ネキシウムを使用することで胃がんによる症状を一時的に改善してしまうため、服用の際には事前に医師による検査などを受けておくことが懸命であるとされます。