ネキシウムと胃がムカムカする男性

ネキシウムは胃や腸の諸症状を緩和してくれる効果があります。いわゆる胃もたれやムカつき、胸焼けなどの不快感を抑える効果が従来の医薬品より優れていると言われています。

ネキシウムとパーキンソン病気とゲンチアナについて

日本人は、ストレスに弱いと言われています。
ストレスにより胃腸の病気を発症する人は、非常に多いです。
そのため、ドラッグストアには、様々なメーカーが製造した胃腸薬が販売されています。
十二指腸潰瘍や逆流性食道炎、胃酸過多の治療に使われる薬が、ネキシウムです。
ネキシウムは、胃腸障害全般に使うことができ、副作用が少ないため人気があります。
ネキシウムは、プロトンポンプ阻害薬です。
他のプロトンポンプ阻害薬では、副作用で便秘になるケースがあるのですが、ネキシウムは腸の働きを活発にするため、便秘を防ぐ効果が期待できます。
ネキシウムは、1日あたり1錠を服用します。
症状によって服用期間が異なるので、医師の指示に従って服用します。
ネキシウムは、十二指腸潰瘍や胃潰瘍を引き起こすと考えられているピロリ菌の除菌にも使われています。
ドーパミンが不足して起きる病気にパーキンソン病があります。
パーキンソン病と同じ症状が出る薬剤性パーキンソニズムは、医薬品が原因で起こります。
特に胃腸薬や抗精神病薬などの医薬品は注意が必要です。
一部の胃腸薬や抗精神病薬の中には、ドーパミンの働きを弱めてしまうものがあります。
その結果、パーキンソン病と同じような症状が出るのです。
薬を服用していて、パーキンソン病に似た症状が出た場合は、すぐに薬の服用を中止して、医師の診断を受けた方が安心です。
苦味健胃薬として有名なのが、生薬のゲンチアナです。
ゲンチアナは、リンドウ科の多年草で、健胃作用があります。
慢性の胃炎や食欲不振に対する効果が期待できます。
ゲンチアナは、西洋の薬と生薬を混ぜた胃腸薬に配合されることが多いです。
ゲンチアナは、フランスの有名なリキュールの原料としても使われています。