ネキシウムと胃がムカムカする男性

ネキシウムでスッキリ

ネキシウムは胃や腸の諸症状を緩和してくれる効果があります。いわゆる胃もたれやムカつき、胸焼けなどの不快感を抑える効果が従来の医薬品より優れていると言われています。

ネキシウムとは

胃腸薬には非常にたくさんの種類があり、日本国内でも数多くの製品が製造されて市場にでまわっています。
ネキシウムと呼ばれる薬もその一つで、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎を改善する効果や、解熱鎮痛薬などを服用した場合の胃潰瘍と十二指腸潰瘍の再発抑制効果、ピロリ菌の除菌補助効果などがある医療用医薬品です。
ネキシウムには有効成分としてエソメプラゾールと呼ばれる物質が含まれています。
エソメプラゾールはプロトンポンプ阻害薬(PPI)と呼ばれる医薬品の一つで、胃の粘膜においてプロトンポンプの役割を担っている酵素の働きを阻害して、胃酸の分泌を抑える作用があります。
日本で製造販売が承認されているPPIはエソメプラゾール以外にもオメプラゾール、ランソプラゾール、ラベプラゾールがありますが、エソメプラゾールが承認されたのは2011(平成23)年で、4種類の中では一番新しい医薬品成分です。
最新のPPIなだけあって、胃酸の分泌を抑える効果についても4種類のPPIの中では最も強く、今まで治すのが難しかった潰瘍にも効果を発揮します。
ネキシウムにも様々な副作用があります。
添付文書では、比較的頻度が高い症状として、発疹や皮膚炎、蕁麻疹、下痢、嘔吐、口内炎、頭痛、めまいなどが挙げられています。
また、重篤な副作用の症状についても指摘されており、肝機能障害や黄疸、劇症肝炎、間質性肺炎、低ナトリウム血症、アナフィラキシー・ショックなどの症状が起きる可能性があります。
しかし、ネキシウムの有効成分であるエソメプラゾールは、従来のPPIと比較して副作用が出にくいと考えられています。
そのため、ネキシウムの発売以降は胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療を行う際に一番最初に選択されることが多くなっています。

ネキシウムと胃

胃は食べたものを蓄えたり消化の第一段階を行う臓器であり、食べ物などと一緒に体内に入ってきた細菌やウイルスを殺菌する役割もあります。
そのため、肉などのたんぱく質を分解したり、ウイルスや細菌の殺菌のために胃の中には強い酸性の性質を持った胃液が分泌されています。
肉を溶かすことができる胃液ですが、胃は内側に粘膜を貼って胃酸で溶けてしまわないようになっています。
しかし胃酸から胃を守っている粘膜が弱っていると胃液によって胃が荒れてしまい、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃液が食道に逆流することによって酷い胸焼けや逆流性食道炎などの病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。
それらの病気に高い効果があると言われているのがネキシウムです。
また、ネキシウムはこれらの胃潰瘍や十二指腸潰瘍を再発させる可能性の高いピロリ菌の除菌のためにも処方されています。
ネキシウムは胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となっている胃酸の分泌を強力に抑えることができるプロトンポンプ阻害剤です。
胃の中には胃酸を分泌するプロトンポンプという部分があるのですが、ネキシウムはプロトンポンプが胃酸を分泌する働きに直接作用して、胃液の分泌量を抑制する効果があります。
今までの胃酸抑制剤との違いは、ネキシウムは胃酸を分泌するプロトンポンプに直接作用するので、確実に効果を発揮することができるという点です。
またネキシウムの特徴として、服用した場合の効果に個人差があまりなく、症状の改善に安定した効果がみられています。
その高い効果のため、ネキシウムの投与の期間は6~8週間までと決められています。
それでも効果がない場合には一度別の薬に変更して治療を継続していく必要があります。

ネキシウムと腸

胃酸は摂取した食べ物を胃の中で消化するために必要不可欠なものですが、あまりにも過剰に摂取してしまうとかえって胃の粘膜を傷つけてしまうことがあります。
胃酸の過剰分泌が原因となる病気としては胃潰瘍や逆流性食道炎などが代表的です。
これらの病気を治療するためには、まずは胃酸の過剰分泌を抑えなければいけません。
そのために用いられる薬がネキシウムです。
ネキシウムを服用することによって胃酸の分泌はブロックされます。
病気によって服用期間は異なりますが、医師から指示された期間の服用を続ければ、病状は次第に改善されていきます。
またネキシウムは胃だけでなく、腸の病気にも有効です。
たとえば十二指腸潰瘍は過剰分泌された胃酸が十二指腸に流れ込むことによって引き起こされますので、胃酸の分泌を抑えるネキシウムの服用が効果的なのです。
さらに十二指腸潰瘍はピロリ菌への感染も発症原因の一つになりますが、ネキシウムはこのピロリ菌の除菌補助としても利用されています。
つまりネキシウムを服用することで、十二指腸潰瘍を引き起こしている二つの原因を取り除くことができるのです。
このネキシウムは病院で処方してもらえば手に入れることができますが、より簡単に手に入れたい人や、少しでも購入コストを抑えたいという人は、インターネット上の薬の通販サイトなどを利用すると便利です。
ネキシウムは一般のドラッグストアなどでは販売されていませんが、第一類医薬品を取り扱っている通販サイトなどでは購入可能です。
このようなサイトを利用すれば病院を訪れなくても薬を購入できますし、診察代や処方箋料も必要ありませんので購入コストも抑えることが可能です。
ただし他の薬との飲み合わせや副作用については十分に考慮しておきましょう。